沢山歩きました。

おなかが空きました。

安来節演芸館

昼食会を兼ねての交流会は

安来節の殿堂

「安来節演芸館」にあります

「どじょう亭」で開かれました。


私たちは団体専用のお料理

「どじょう松花堂御膳」をいただきました。

どじょう松花堂御膳

(写真提供:鳥取県職員の安さんより)

安来産のどじょうを使った数々の品…
 
んー、おいしい。とても優しい味でした。


そう、交流会ということで

私も指名を受け、

「棚からぼた餅」の紹介を

金持神社の由来を織り交ぜながらさせていただきました。


 
お待たせ致しました。

安来といえば安来節でしょう。

どじょうすくい

「どじょうすくい男踊り」という演目。

どじょうすくいといえばこれ。

とってもユーモラス。


安来節体験

楽しい体験。

皆さん終始笑顔。

修了証

修了証をいただきました。



公演鑑賞後は

「きゅっきゅちゃん」こと増田明美さんによる講演会。

パンフレットの表紙のおねえさんです。


 
埼玉県鴻巣(こうのす)市のご出身。

雛人形の里として知られていますね。

ミュージカル役者になったことがきっかけで

日光江戸村に入社。

そして演芸館設立の平成18年にこちらに招かれ

葛藤もあったけれどもここで出会う人たちが温かく、

今があるのです。

ということを表情豊かに話されました。



「その笑顔の秘訣は?」

との問いに

「ようこそ、ここに来て下さりありがとうございます!」

と感謝の気持ちを前面に出すのだと。


やっぱりそうですよね!

皆、うなずくばかり。


決して用意されていたわけではない温かい生きた言葉たちと、

素敵な笑顔。

きゅっきゅちゃん、ありがとうございました。

記念写真

(写真提供:鳥取県職員の安さんより)

最後は記念写真をパシャリ。



また来ます、

ご縁がいっぱいのまち

「やすぎ」でした。

バスは安来市街に入ります。

最初に日本で唯一のたたらの総合博物館

「和鋼博物館」へ。

D51

D51が出迎えてくれます。


天秤鞴

エントランスには

たたらの象徴「天秤鞴(てんびんふいご)」が。

国の重要有形民俗文化財に指定されています。

この鞴のふるさとは日南町なんですよ。


src="http://img-cdn.jg.jugem.jp/c37/1545362/20150310_1342980.jpg"

 三日三晩休むことなく操業して、

大きな鉄の塊、

「院覆韻蕁法廚産出されます。


この流れは映画「もののけ姫」ですっかり浸透しましたね。

ありがたい。


 先に申しました良質の玉鋼の部位はこの中の1〜3割程度なのです。

貴重ですね。


この玉鋼が日本刀の材料となるわけです。

 案内人さんに説明してもらいながら、

館内を回りました。

 たたらに興味をもたれた方は寄ってみて下さい。



 続いて安来の町あるきに出発します。

安来港

安来港から国道9号線へ抜けるコースです。

 ここでは細田さん、松本さんに案内していただきました。

ここ、安来港は江戸時代、鉄の積み出し港として栄え、

全国の刃物産地へと鋼が届けられました。


永井瓢斎生誕の地

 永井瓢斎(ながいひょうさい)氏生誕の地。

あの朝日新聞の「天声人語」を執筆した人物です。

 この永井家も鉄問屋として栄え、
 
土地の向こう側は、かつては川で、

安来港に注いでいたということです。


一例をとってみますと、

日野→安来→燕市(越後)→信濃川→江戸といった感じ。

 ほらね、「鉄の道」見えてきたでしょう。

安来の町並み
 
かつての商家が立ち並びます。


9号線にあたりました。

山常楼

 しっくいの建物は

割烹「山常楼(やまつねろう)」。

江戸時代の創業。


山陰合同銀行記念碑

 山陰合同銀行の記念碑。

かつては安来銀行本店でした。



 ひと際大きなお屋敷。

並河家見学
 
すると戸が開き、中からおかみさんらしき方が…。

 「よかったら中、見て行かれませんか」

なんというありがたいことでしょう!


ご厚意に与り、中を見学させていただくことに。

ガイドさんによると、こんなことはめったにないことだそう。


ここでガイドさんからクイズ。

「どなたのお屋敷でしょう?」

そこで我が会長が一言、


「並河勉(なびかつとむ)さん?」


「正解!何で分ったんですか?」

「山陰酸素(前安来商工会議所会頭)の会長さんでしょう。

商売現役の若い頃、お世話になったんです。懐かしい…」


見ているこちらもじーんときてしまいました。

今に繋がっているのだなあと実感。

並河家

天明3(1783)年、

今から230年以上も前に建てられた「並河家住宅」は

島根県の有形文化財に指定されています。

そもそもどうして安来へ?


そう、それは「鉄」つながりだからです。


上質の鉄、「玉鋼(たまはがね)」の町、日野から

はがねの町、安来には鉄を運ぶ商いの道がありました。

こういったご縁があるのです。



加えて、ここ旧伯太(はくた)町井尻の

伊達家(参議院議員源一郎氏の生家)に

根雨の近藤家より嫁いでおられるというお話を聞き、

驚きました。



こちらの伊達源一郎翁の顕彰碑の写真は
ボランティアガイドの会様よりいただいたもの。

伊達源一郎


私の想像をはるかに上回る深いご縁です。


さあ、一万石の城下町、母里の町あるきに出発です。

ガイドの栂瀬(とがせ)さん、

よろしくお願いしまぁす。

柴田家御三家前



まずは柴田家御三家。

母里の町並み

南柴田家

柴田家本家

町中に水路が張り巡らされています。


本家は鉄の商家として、

分家は士分として

母里藩財政の立て直しに貢献したそうです。



ところで、皆さまの町には

「金屋子(かなやご)神社」はありますか。

たたらの女神様を祀る神社です。

金屋子神社のルーツとなったのがこの地で、

総本山は旧広瀬町比田にあるそうです。


比田の金屋子神社本殿前に

一際大きい一対の灯籠が奉献されています。

そこには「母里 大和屋」と彫ってあり、

この「大和屋」こそが柴田家の旧家名なのだとか。


由緒あるお屋敷なのですね。



古いお屋敷が並び、

タイムスリップしたかのようです。

母里の町並み


細工も見事。

母里土蔵

町並み


弘鶴橋を渡り、まちなかへ。

弘鶴橋

伯太川。

伯太川

あれ、川の水、何だか赤茶色で金気(かなけ)があることない?

ガイドの会、山さきさんに尋ねてみると、

昔、鉄穴(かんな)流しが行われていて、

鉄分豊かな土地だそう。

やはり。


かのや。

かのや

この地域で一番古い建物。

江戸時代のものだそう。


後藤家。

後藤家


家並みを見通してみて下さい。

本町通り

そう、見通せません。

通りに対して家屋が角度を持って並んでいる為です。


これは武者隠しと言って、

敵から見つかりにくくする為の工夫だそう。

時の櫓(やぐら)。

時の櫓(やぐら)

かつては火の見櫓として町を見守り、

現在は時の鐘として時を告げています。


ここで安来市内へ向かう時間となりました。


一万石の城下町は見どころ満載でした。

ありがとうございました。

こんにちは。

強い風が吹きます。

春の足音ですね、

金持神社札所です。



平成27年1月30日金曜日

私たち金持神社札所の案内人は安来市へ研修に行ってきました。

これは日野郡広域交流促進協議会によります

安来市へのガイド視察研修というものです。



当日朝、日南、日野、江府各町の参加者20人を乗せたバスは、

西伯郡の県道より安来市へ向かいました。

道路が良いので西伯から島根入りまで20分程でした。


                         
そして第一の目的地の安来市伯太庁舎へ。

チューリップの里として知られています。

バスの車窓より

伯太庁舎 

写真の右側に風車が見えます。

この日は傘の出番で日野は雪の降る朝でした。

そんな寒い中、

「安来市観光ボランティアガイドの会」会長の山さきさんが

あたたかい挨拶で迎えて下さいました。

このあと母里の町あるきに出発します。

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

金持神社札所一同

ししまい

そしてついに完成いたしました。


高額当選絵馬


参拝の皆さまがご覧になり

話に花が咲いている様子がとてもほほえましいです。

国道181号線沿いに金持神社札所(売店)が見えますと、

東屋(休憩所)がございます。

そちらにございますので

ぜひお立ち寄り下さり、ご覧ください。

最後になりましたが

今年もありがとうございました。

よいお年をお迎え下さい。

こんにちは。
今朝は路面が凍みてパリパリでした。
絵馬掛け場工事中2
さて、これまで集めてきたお礼参りの絵馬をせっせと掛けていきます。
宝くじ当選や商売繁盛…内容は様々です。
それにしても沢山の絵馬です。

皆さまお久しぶりです。
今年もあとわずかとなりましたね。
ところで
この写真は何でしょう。

絵馬掛け場工事中1

沢山の絵馬たちですね。
先日、金持神社札所(売店)横の東屋に新たな場所を設けました。
これは
掛け終えられた絵馬の中から
お礼参りの内容の絵馬をお焚き上げせずに
とっておいている様子です。
もう何年も続けています。


▽金持神社HP▽
▽金持神社通販▽



Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • お伊勢参りに行ってきました(3日目)
  • 金持神社へ初詣に出かけましょう。
    大ちゃん
  • 高額景品に参加者大喜び!!金持開運ウォーキング
  • 屋根が新しくなりました
    大ちゃん
  • 海の日の連休
    山羊
  • 再会
    kame
  • おみくじ結び所
    じゅん
  • 日本海テレビ「スパイス!!」で金持神社が紹介されます。
    管理人
  • 日本海テレビ「スパイス!!」で金持神社が紹介されます。
    ぽんちょ
  • 新緑の季節となりました
    札所スタッフ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM