午前の部では江戸時代を思いっきり堪能しましたね。

 

続いて午後は、

「世間遺産まち歩き」に出発です。


新見駅から高梁川に沿って下流に向けて歩きます。

一転、昭和レトロな風景が広がります。

こちらは「中島ビル」。

上市郵便局として昭和の初めに建てられました。

壁面にはスクラッチスタイルのタイルが。

帝国ホテルで用いられた建築様式がみられます。




道路はとても交通量が多いです。

まち歩きをされる皆さまはくれぐれも車には気を付けてください。

道路の向こうからでしかシャッターが切れませんでしたが、

こちらは高梁川甌穴(おうけつ)です。

1600万年前の川の流れが作ったものです。




そして、対岸のあみだ格子の窓でついついあみだくじ。

ついつい指が動いてしまいます。



こちらは元国鉄の診療所。

壁のブロックをよく見ると…


貝殻が混じっています。

海砂でできたブロックなのですね。






まちなかは昭和の世界です。


こちらは元旅館の名越邸。

何枚のガラスが連なっているでしょう。

何と14枚です。


こちらは元料亭の川上邸。

玄関が2つのお家です。

店用と家用のそれぞれの玄関だったのですね。



24時間営業…

自販機とはいえ、最新鋭のサービスだったのでしょう。


そして

夫婦饅頭で知られるやまだ屋に到着。

まち歩きの一番の楽しみはたべ歩き。


そうです。

大判焼き、回転焼き…呼び方は地域それぞれ。

新見を生まれ故郷に、今は別の土地で暮らす方々は、

帰省した時に夫婦饅頭を食べるのが何よりの楽しみだそう。

懐かしいでしょうね。





江道橋を渡ります。




コンクリ壁の建物が並びます。

パラペットロータリーです。

こちらで言うパラペットとは

看板設置と保護を目的に

木造の建物の周りに

コンクリート壁を貼り付ける工法のことです。

モダンだったことでしょう。

こういったものが昭和レトロを醸し出すのですね。




商店街となっても城下町の道路はそのままに。


その先に何があるかは歩いてみてのお楽しみ。


佐々木文正堂の手すり看板。

ラケットに本に定規…

楽しいですね。




一周して御殿町センターに戻ってきました。


昔ガラスに金文字看板のカツマル醤油。


これで「世間遺産」まち歩きはおわりです。


お疲れさまでした。


しめくくりは情報交換会。

参加者ひとりひとりが普段の活動内容と本日の感想を語りました。

新見のまちなかはいかがでしたでしょうか。

普段の何気ない日常も「これいいよ」の目線で見ると

そこには世間遺産が広がるのです。

ありがとうございました。







▽金持神社HP▽
▽金持神社通販▽



Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • お伊勢参りに行ってきました(3日目)
  • 金持神社へ初詣に出かけましょう。
    大ちゃん
  • 高額景品に参加者大喜び!!金持開運ウォーキング
  • 屋根が新しくなりました
    大ちゃん
  • 海の日の連休
    山羊
  • 再会
    kame
  • おみくじ結び所
    じゅん
  • 日本海テレビ「スパイス!!」で金持神社が紹介されます。
    管理人
  • 日本海テレビ「スパイス!!」で金持神社が紹介されます。
    ぽんちょ
  • 新緑の季節となりました
    札所スタッフ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM