JUGEMテーマ:日記・一般

 

岐阜県を後にし、滋賀県へと向かいます。

 

 

 

まずは長浜市の黒壁スクエアを散策。

 

レトロな街並みを楽しみました。

 

き

 

さてこれから

 

滋賀県多賀町にあります多賀(たが)大社、

 

「お多賀さん」へと参ります。

 

御祭神は

 

伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)

 

伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)です。

 

そうです。

 

神産みの親神様ですね。

 

 

古くから

 

「伊勢へ参らばお多賀へまいれ

 

お伊勢お多賀の子でござる」

 

とうたわれ、多くの人々の信仰を受けています。

 

 

こちらには「寿命石」が祀られています。

 

そこに願い事を書いた白石を奉納すると

 

延命長寿のご利益があるといわれています。

 

 

お多賀杓子の絵馬ですね。

 

健康のご利益を授かりますように。

 

 

縁結びのおみくじはものすごくたくさんですね。

 

 

拝殿の向こうには

 

太閤秀吉公の奉納により造られた

 

奥書院庭園があります。

 

母大政所の病気平癒を願っての信仰だったそうです。

 

また機会があればゆっくりと拝観したいです。

 

き

 

今回日野町観光協会は

 

9名という賑やかな集まりで

 

とても楽しく過ごすことができました。

 

 

これにて平成28年お伊勢参りは幕を閉じます。

 

今回も無事で何よりでした。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

最終日に入りました。

 

これから伊奈波(いなば)神社へ参ります。

 

 

 

 

家内安全、商売繁盛、七五三詣ではもちろんのこと、

 

土木建築、水利など様々な信仰を集めています。

 

 

御祭神は五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)

 

垂仁天皇の第一皇子です。

 

歴史をひもとけば1900年前にまでさかのぼる、

 

長い歴史を持つ神社です。

 

 

五十瓊敷入彦命は河内、大和、美濃などの

 

諸国を拓かれ、治水にも努められました。

 

そして、ご縁ですね、

 

奈良県の石上(いそのかみ)神宮に剣を納められたという

 

いわれもあります。

 

ここではこちらの2つだけ、

 

簡単にご紹介しておきますね。

 

 

 

境内のいたるところ苔むして、おもむきがあります。

 

 

岐阜で一番の賑わいを見せる由緒ある神社です。

 

ぜひ一度お参りしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

2日目の宿は、

 

岐阜市にあります長良川温泉ホテルパーク。

 

 

何と川端康成ゆかりの宿ではありませんか。

 

 

当時はみなと館という屋号で、

 

ここで小説「篝火(かがりび)」を執筆したそうです。

 

 

 

岐阜は信長ゆかりの地。

 

「天下布武」とは

 

国を治め世の中を平和にしようという

 

信長の願いが込められた言葉です。

 

 

今年も仲良く集うことができました。

 

うれしいですね。

 

お次は最終日、

 

伊奈波神社へと参ります。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

大縣(おおあがた)神社へ到着しました。

 

尾張の国を開拓された

 

大縣大神(おおあがたのおおかみ)をまつる神社です。

 

 

こちらの拝殿の奥にあります本殿は、

 

尾張藩主徳川光友が再建したもので、

 

国の重要文化財に指定されています。

 

しかし、

 

大縣神社は女性にありがたい神社として

 

知られているのではないでしょうか。

 

桜

境内には

 

玉比売命(たまひめのみこと)をまつる

 

摂社 姫之宮(ひめのみや)があり、

 

縁結び、子宝、安産


 

時間の都合で写真が撮れず

 

お見せできないのが残念です。

桜

 桜

 

 

こちらは境内奥に広がる梅林公園です。

 

奉納植樹された沢山のしだれ梅が花を咲かせていました。

 

いちばんよい時季にお参りしたと思います。

 

桜

田縣神社と大縣神社は

 

バスで10分程度の距離。

 

二社のお参りを済ませバスに戻ると

 

バスガイドさんが

 

田縣神社は男性の神様、

 

大縣神社は女性の神様。

 

男女仲良くが一番ですね、と笑顔で話され

 

私達も笑顔で2日目の参拝を終えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

内宮をあとに、尾張の国へと向かいます。

 

愛知県小牧市に鎮座します

 

田縣(たがた)神社にお参りします。
 

 

こちらは拝殿と本殿

 

御歳神(みとしのかみ)

 

玉姫命(たまひめのみこと)をおまつりしています。

 

五穀豊穣と子孫繁栄の神様です。

 

 

左奥に進むと奥宮があります。

 

こちらには

 

数え切れないほど沢山のおわせがたが奉納されています。

 

毎年三月十五日に行われる


豊年祭に向けて、毎年ヒノキで手づくりしているのです。

 

田縣神社の創建は不詳ですがこれだけの数を目の当たりにすると

 

伝統ある古い神社なのだということがうかがえます。

 

尊いことですね。

 

さて、このあとは大縣(おおあがた)神社に参ります。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:記日・一般

 

二日目は朝一で内宮御垣内参拝です。

 

今年は外宮ではなく、内宮で神楽を拝観いたしました。

 

倭舞(やまとまい)

 

人長舞(にんじょうまい)

 

蘭陵王(らんりょうおう)…

 

今年も同じ方が舞っておられました。

 

日々務めておられるのでしょうね。

 

 

神楽の後御垣内参拝をいたしました。

 

なんとも清らかな気持ちです。

 

 

 

神楽殿の向かい側に鳥居があります。

 

別宮「風日祈宮(かざひのみのみや)」への参道です。

 

御祭神は級長津彦命(しなつひこのみこと)

 

級長戸辺命(しなとべのみこと)

 

風雨を司る神様です。

 

式年遷宮のため平成26年12月に建て替えられたお社です。

 

まあたらしいですね。

 

そして隣は古殿地です。

 

次回も他の別宮に参ることができたらいいなと思いました。

 

ありがとうございました。

 

き
きき

 

 

参拝の後はおはらい町、おかげ横丁を散策。

 

お土産を沢山買いました。

 

さて、このあとは

 

尾張の国、愛知県小牧市へと向かいます。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今年の二見ヶ浦はおだやか。

 

ありがたいです。

 

 

しっかりおかげをいただけそうです。

 

 

各社を詣でた後は記念撮影。

 

 

入るのがやっとなくらい賑やかです。

 

 

こうして今年も無事に一日目の参拝を終えました。

 

明日は内宮御垣内参拝。

 

ゆっくり休み備えたいです。

JUGEMテーマ:日記・一般

今年の干支にちなみ、

 

猿田彦神社へ参ります。

 

うれしいです。

 

念願の猿田彦神社です。

 

ご祭神は猿田彦命(さるたひこのみこと)。

 

 

みちひらきの神様です。

 

神楽に天狗の面があると思いますが

 

そちらの神様です。

 

 

 

境内には奥さんの

 

天宇受売命

天鈿女命(あめのうずめのみこと)を祀る

 

佐瑠女(さるめ)神社もあります。

 

岩戸開きの際に

 

舞を踊り岩戸を開くきっかけを作られた芸能の女神です。

 

おかめの面がありますね。

 

そちらの神様なのです。

 

 

そして夫婦神としては

 

夫婦円満の神様として信仰を受けています。

 

 

偶然にも結婚式が行われているところでした。

 

 

 

境内には柱、鳥居などいたるところ八角柱が使われています。

 

 

こちらは古殿地干支石(こでんちかんしいし)。

 

自分の干支の文字にてのひらをぎゅーっと押しあてると

 

御神徳がいただけるといわれています。

 

皆さん一生懸命ご自分の干支を探します。

 

跡が付いたからおかげがあるね、とお互いにてのひらを見せ合い

 

参拝を終えました。

 

お次は本日の締めくくり二見ヶ浦へと参ります。

 

JUGEMテーマ:日記・一般
 

平成28年3月6日(日)から3日間

第36回伊勢神宮参拝団はお伊勢参りへ行ってきました。

36回…干支を3周もしたのですね。

今年は申年。

干支にちなみ

猿田彦神社にも参ります。

楽しみです。

今年もバス4台

140名を乗せてバスは伊勢へと向かいます。

 

日野町観光協会からは9名の参加、

 

賑やかな参拝となりそうですね。

今朝の気温は18℃、

例年より暖かいです。

道路も渋滞なく予定通り外宮へ到着しました。

 

 

これから御垣内参拝をいたします。

 

今年は列の前側でしたので

 

光り輝く御正宮を目の前にすることができました。


 

こちらのしめ縄は何でしょう。

 

そんな声があちこちから聞こえてきます。

 

 

「三ツ石(みついし)」です。

 

式年遷宮の際に神職、奉仕員や

 

御装束神宝(おんしょうぞくしんぽう)を祓い清める場です。


 

9名での記念撮影はやはり賑やかですね。

 

さて、このあとは猿田彦神社へと参ります。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル
この季節、札所では近くで採れた山菜を地元の方が数量限定で販売されています。
先日、札所に立ち寄ると・・・・・山菜がなんと100円で販売中では
有りませんか!

限定品ですので運良く購入出来た方はラッキーですね。

それにしても安すぎる〜!
 


▽金持神社HP▽
▽金持神社通販▽



Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • お伊勢参りに行ってきました(3日目)
  • 金持神社へ初詣に出かけましょう。
    大ちゃん
  • 高額景品に参加者大喜び!!金持開運ウォーキング
  • 屋根が新しくなりました
    大ちゃん
  • 海の日の連休
    山羊
  • 再会
    kame
  • おみくじ結び所
    じゅん
  • 日本海テレビ「スパイス!!」で金持神社が紹介されます。
    管理人
  • 日本海テレビ「スパイス!!」で金持神社が紹介されます。
    ぽんちょ
  • 新緑の季節となりました
    札所スタッフ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM