JUGEMテーマ:記日・一般

 

二日目は朝一で内宮御垣内参拝です。

 

今年は外宮ではなく、内宮で神楽を拝観いたしました。

 

倭舞(やまとまい)

 

人長舞(にんじょうまい)

 

蘭陵王(らんりょうおう)…

 

今年も同じ方が舞っておられました。

 

日々務めておられるのでしょうね。

 

 

神楽の後御垣内参拝をいたしました。

 

なんとも清らかな気持ちです。

 

 

 

神楽殿の向かい側に鳥居があります。

 

別宮「風日祈宮(かざひのみのみや)」への参道です。

 

御祭神は級長津彦命(しなつひこのみこと)

 

級長戸辺命(しなとべのみこと)

 

風雨を司る神様です。

 

式年遷宮のため平成26年12月に建て替えられたお社です。

 

まあたらしいですね。

 

そして隣は古殿地です。

 

次回も他の別宮に参ることができたらいいなと思いました。

 

ありがとうございました。

 

き
きき

 

 

参拝の後はおはらい町、おかげ横丁を散策。

 

お土産を沢山買いました。

 

さて、このあとは

 

尾張の国、愛知県小牧市へと向かいます。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今年の二見ヶ浦はおだやか。

 

ありがたいです。

 

 

しっかりおかげをいただけそうです。

 

 

各社を詣でた後は記念撮影。

 

 

入るのがやっとなくらい賑やかです。

 

 

こうして今年も無事に一日目の参拝を終えました。

 

明日は内宮御垣内参拝。

 

ゆっくり休み備えたいです。

JUGEMテーマ:日記・一般

今年の干支にちなみ、

 

猿田彦神社へ参ります。

 

うれしいです。

 

念願の猿田彦神社です。

 

ご祭神は猿田彦命(さるたひこのみこと)。

 

 

みちひらきの神様です。

 

神楽に天狗の面があると思いますが

 

そちらの神様です。

 

 

 

境内には奥さんの

 

天宇受売命

天鈿女命(あめのうずめのみこと)を祀る

 

佐瑠女(さるめ)神社もあります。

 

岩戸開きの際に

 

舞を踊り岩戸を開くきっかけを作られた芸能の女神です。

 

おかめの面がありますね。

 

そちらの神様なのです。

 

 

そして夫婦神としては

 

夫婦円満の神様として信仰を受けています。

 

 

偶然にも結婚式が行われているところでした。

 

 

 

境内には柱、鳥居などいたるところ八角柱が使われています。

 

 

こちらは古殿地干支石(こでんちかんしいし)。

 

自分の干支の文字にてのひらをぎゅーっと押しあてると

 

御神徳がいただけるといわれています。

 

皆さん一生懸命ご自分の干支を探します。

 

跡が付いたからおかげがあるね、とお互いにてのひらを見せ合い

 

参拝を終えました。

 

お次は本日の締めくくり二見ヶ浦へと参ります。

 

JUGEMテーマ:日記・一般
 

平成28年3月6日(日)から3日間

第36回伊勢神宮参拝団はお伊勢参りへ行ってきました。

36回…干支を3周もしたのですね。

今年は申年。

干支にちなみ

猿田彦神社にも参ります。

楽しみです。

今年もバス4台

140名を乗せてバスは伊勢へと向かいます。

 

日野町観光協会からは9名の参加、

 

賑やかな参拝となりそうですね。

今朝の気温は18℃、

例年より暖かいです。

道路も渋滞なく予定通り外宮へ到着しました。

 

 

これから御垣内参拝をいたします。

 

今年は列の前側でしたので

 

光り輝く御正宮を目の前にすることができました。


 

こちらのしめ縄は何でしょう。

 

そんな声があちこちから聞こえてきます。

 

 

「三ツ石(みついし)」です。

 

式年遷宮の際に神職、奉仕員や

 

御装束神宝(おんしょうぞくしんぽう)を祓い清める場です。


 

9名での記念撮影はやはり賑やかですね。

 

さて、このあとは猿田彦神社へと参ります。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル
この季節、札所では近くで採れた山菜を地元の方が数量限定で販売されています。
先日、札所に立ち寄ると・・・・・山菜がなんと100円で販売中では
有りませんか!

限定品ですので運良く購入出来た方はラッキーですね。

それにしても安すぎる〜!
 


午前の部では江戸時代を思いっきり堪能しましたね。

 

続いて午後は、

「世間遺産まち歩き」に出発です。


新見駅から高梁川に沿って下流に向けて歩きます。

一転、昭和レトロな風景が広がります。

こちらは「中島ビル」。

上市郵便局として昭和の初めに建てられました。

壁面にはスクラッチスタイルのタイルが。

帝国ホテルで用いられた建築様式がみられます。




道路はとても交通量が多いです。

まち歩きをされる皆さまはくれぐれも車には気を付けてください。

道路の向こうからでしかシャッターが切れませんでしたが、

こちらは高梁川甌穴(おうけつ)です。

1600万年前の川の流れが作ったものです。




そして、対岸のあみだ格子の窓でついついあみだくじ。

ついつい指が動いてしまいます。



こちらは元国鉄の診療所。

壁のブロックをよく見ると…


貝殻が混じっています。

海砂でできたブロックなのですね。






まちなかは昭和の世界です。


こちらは元旅館の名越邸。

何枚のガラスが連なっているでしょう。

何と14枚です。


こちらは元料亭の川上邸。

玄関が2つのお家です。

店用と家用のそれぞれの玄関だったのですね。



24時間営業…

自販機とはいえ、最新鋭のサービスだったのでしょう。


そして

夫婦饅頭で知られるやまだ屋に到着。

まち歩きの一番の楽しみはたべ歩き。


そうです。

大判焼き、回転焼き…呼び方は地域それぞれ。

新見を生まれ故郷に、今は別の土地で暮らす方々は、

帰省した時に夫婦饅頭を食べるのが何よりの楽しみだそう。

懐かしいでしょうね。





江道橋を渡ります。




コンクリ壁の建物が並びます。

パラペットロータリーです。

こちらで言うパラペットとは

看板設置と保護を目的に

木造の建物の周りに

コンクリート壁を貼り付ける工法のことです。

モダンだったことでしょう。

こういったものが昭和レトロを醸し出すのですね。




商店街となっても城下町の道路はそのままに。


その先に何があるかは歩いてみてのお楽しみ。


佐々木文正堂の手すり看板。

ラケットに本に定規…

楽しいですね。




一周して御殿町センターに戻ってきました。


昔ガラスに金文字看板のカツマル醤油。


これで「世間遺産」まち歩きはおわりです。


お疲れさまでした。


しめくくりは情報交換会。

参加者ひとりひとりが普段の活動内容と本日の感想を語りました。

新見のまちなかはいかがでしたでしょうか。

普段の何気ない日常も「これいいよ」の目線で見ると

そこには世間遺産が広がるのです。

ありがとうございました。






皆さまこんにちは!

今日は昨年9月に行われた

新見市でのガイド研修の様子をお伝えしたいと思います。
 
平成27年9月10日(木)



交流協の一団は新見市へ。



迎えて下さったのは

備北新聞代表で

かのさと体験観光協会事務局長の仲田芳人(なかだよしと)さん。

仲田さんには以前日野で

「かのさとツーリズム」をテーマに講演をして下さっています。

「かのさと」とは唱歌「ふるさと」の歌詞をヒントに

仲田さんが生み出した言葉です。



続いてまち歩きガイドの会リーダー 大西 洋(おおにしひろし)さん。

よろしくお願いします。

大西さんの後ろに見えるのが城山。

新見は田山花袋「蒲団」のゆかりの地でもあり

城山公園には石碑があります。

桜の季節に行ってみたいです。



それでは

関家、森家の1万8千石の城下町

御殿町まち歩きの始まりです。



先の見通せない道路

鍵曲り(かいまがり)

城下町の証ですね。



こちらは「五葉の松」跡。

今からおよそ320年前

仙台の伊達公よりもらい受けた五葉松の実を庭にまいたことが起こりです。



続いてこちらは元料亭「松葉(しょうよう)」

「全国路地百選 三味線横丁」とありますね。



何とも趣ある路地です。

三味の音も風景の一部だったのでしょう。



隅石(すみいし)に合わせて材木をひとつひとつ切り出す技法。

とても根気がいったことでしょう。

これを「すみあらわし」といいます。



中を見学させてもらいました。



明治から昭和30年頃まで続いた料亭です。













窓の格子を正面から見た様子と…



横から見た様子。

違う柄に見えますね。

細かいところに職人の技が光ります。


次に元大阪屋旅館別館を見学させてもらいました。

時代は同じく明治から昭和30年頃です。







はっぴには昔のかなづかいで「大坂屋」とありますね。


さてお次は…



重そうな扉です。

こちらは元造り酒屋、津国屋の内蔵。

大西さん宅の蔵なのです。

中に通していただきました。





当時の百人一首。


七草がゆ専用の器。

暦の儀式を大切にしていたことがうかがえますね。



造り酒屋の時代の鬼瓦。


お膳にある紋の数は身分と関係があるのだそうです。


そして一間の神棚。

どれも美しく、当時の職人技を間近に見ることができました。

お屋敷を公開して見せて下さったみなさま、

ありがとうございました。

こうして午前の部

御殿町まち歩きを無事終えることができました。

午後の部もお楽しみに。






















 こんにちは。

昨日、寄附金贈呈式が無事に終わりました。

参拝に来られた皆様のおかげです。

誠にありがとうございました。

詳しい様子はホームページやフェイスブックでお伝えしますので

お待ち下さいね。

さて、贈呈式から一晩明けた本日、

町長さんが

「昨日はありがとうございました」と札所にいらっしゃいました。

今日の午前中だけオフなのだとか。

近況をあれこれお話していると…

「今年も寄附をしたそうですね!」と

元気な声が聞こえてきました。

そこには…

赤沢亮正内閣府副大臣がいらっしゃるではありませんか。

突然のことでびっくり。

それからお互いに記念写真を撮り、

その様子を早速フェイスブックに投稿して下さいました。

お越し下さりありがとうございました。






▽金持神社HP▽
▽金持神社通販▽



Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • お伊勢参りに行ってきました(3日目)
  • 金持神社へ初詣に出かけましょう。
    大ちゃん
  • 高額景品に参加者大喜び!!金持開運ウォーキング
  • 屋根が新しくなりました
    大ちゃん
  • 海の日の連休
    山羊
  • 再会
    kame
  • おみくじ結び所
    じゅん
  • 日本海テレビ「スパイス!!」で金持神社が紹介されます。
    管理人
  • 日本海テレビ「スパイス!!」で金持神社が紹介されます。
    ぽんちょ
  • 新緑の季節となりました
    札所スタッフ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM