最後は熱田神宮です。

 

平成24年以来

 

再びお参りすることができました。

 

御祭神は熱田大神(あつたのおおかみ)。

 

三種の神器 草薙の剣を御霊代(みたましろ)・御神体になさる、

天照大神のことです。

 

境内外に45社もの摂社、末社をお祀りする

 

とても大きく尊い神宮です。

 

 

 

弘法大師お手植えの楠木。

 

いつ見ても素晴らしいですね。

 

樹齢1000年

 

熱田さんの創建は1900年前なので

 

悠久の歴史を感じさせられます。

 

温暖な3月の名古屋市内に予期せぬみぞれが降ってきました。

 

神様がお迎えくださったのでしょうか。

 

草薙剣、すなわち天叢雲剣が

奥出雲船通山から出顕し、

そしてその御剣のもととなった玉鋼は…

 

御神体の草薙剣に思いを馳せ、一同は参拝を致しました。

 

こうして、

平成29年お伊勢参りを無事に終えることができました。

 

平成30年も気を付けて参拝したいと思います。

 

ありがとうございました。

 

 

続いて同市内にございます

 

大樹寺へと参ります。

 

岡崎市は徳川家康公生誕の地で、

 

大樹寺は徳川家の菩提寺です。

 

今私が立っている場所は三門で、

 

正面に見える門が総門(現在大樹寺小学校南門です)。

 

こちらを一直線に見通しますと、

 

3km先には岡崎城が望めます。

 

この直線はビスタラインと呼ばれています。

 

今でもこのビスタラインを遮ることのないよう

 

建築にも配慮がなされているのです。

 

そして今日は大樹寺小学校5年生の皆さんが、

 

学習の一環として

 

大樹寺のことを解説してくださいました。

 

立派です。

 

本堂右奥の位牌堂には、

徳川家将軍代々の等身大の位牌がまつられています。

大樹寺一番の見どころであり、

 

とても心に残りました。

 

ありがとうございました。

 

さて、次回は最終回

 

熱田神宮です。

 

 

3日目、最終日を迎えました。

 

まずは愛知県岡崎市にございます、

 

一畑山薬師寺(いちはたさんやくしじ)へと参ります。

 

総本山は島根県出雲市の一畑薬師です。

 

 

病気平癒、目のお薬師様、

 

一畑薬師瑠璃光如来が祀られています。

 

 

本堂にて

 

一同はご住職の説法を拝聴し、

 

御真言を一緒に唱えました。

 

おんころころ せんだり まとうぎ そわか

 

こちらを3回唱えるのだそうです。

 

具合の悪い所が穏やかになりますように。

 

 

こちらは納骨堂におまつりされる

 

黄金の涅槃像。

 

まぶしいです。

 

全長8.94m

 

やくし…なるほどです。

 

広大な境内には温泉も湧き出ています。

 

身も心も癒して下さるのですね。

 

最後まで安全にお伊勢参りができますように。

 

ありがとうございました。

 

次は徳川家菩提寺の「大樹寺」へと参ります。

 

 

 

 

 

 

 

本日のしめくくりは、

 

愛知県蒲郡(がまごおり)市にございます、

 

竹島八百富神社(たけしまやおとみじんじゃ)へ参ります。

 

 

長い橋を渡り、日本七弁天のひとつ、竹島の境内へと進みます。

 

 

鳥居の向こう側が社叢(しゃそう)で、天然記念物に指定されています。

 

創建は今からおよそ840年前、

 

藤原俊成によります。

 

御祭神は宗像三女伸の一柱、

 

市杵島姫命(イチキシマヒメノミコト)です。

 

開運、縁結び、安産のご神徳で信仰を集めています。

 

神社前には私たち参宮団一行がひしめき合い、

 

写真撮影さえもできないほどでした。

 

すみません。

 

 

美しい夕日をバックに記念撮影。

 

とても嬉しいタイミングでした。

 

この日は歩きに歩き、そして走りました。

 

明日は最終日です。

 

お楽しみに。

 

さて、ここからは今年ならではのお参りが始まります。

 

鈴鹿市にあります伊勢国一の宮、椿大神社(つばきおおかみやしろ)へ参ります。

 

主祭神は、

 

猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)

 

椿大神社は、全国の猿田彦大神をお祀りする神社の

 

大本宮なのです。

 

 

昨年に引き続き、

 

猿田彦大神が主祭神の神社に参拝できるとは、

 

ご縁を感じますね。

 

 

こちらでも正式参拝を致します。

 

まず宮司さんが神社の由来やこれまでのあゆみについて

 

話されました。

 

何とも楽しい宮司さん。

 

会場は笑いに包まれ、一同身を乗り出して聞き入りました。

 

お話の後、御神楽をあげていただき、

 

真心を感じました。

 

 

 

こんな良い神社があったなんて、と感激と喜びに包まれながら

 

神社をあとにしました。

 

椿大神社さん、ありがとうございました。

 

2日目は内宮御垣内参拝です。

 

雨模様となりました。

 

皆おそろいの傘なのは、

 

毎年ガイドをして下さり、

 

参拝後、店内で休憩させて下さる

 

岩戸屋さんが貸し出して下さったからなのです。

 

 

雨の内宮さん、何とも言えない雰囲気で

 

美しいですね。

 

 

光り輝く御正宮を御前に

 

御垣内参拝を致しました。

 

 

この後も和やかにお参りができますように。

 

さて、このあとはどのような神社へお参りするのでしょうか。

 

お楽しみに。

 

 

 

平成29年3月5日日曜日。

 

お伊勢参りの日がやってまいりました。

 

今年は100名、そのうち日野町観光協会からは7名の参加です。

 

朝は7時に日野を出発し、

 

予定通り午後2時半に外宮へ到着しました。

 

 

神楽殿で別大々神楽をあげさせていただき,

 

倭舞(やまとまい)

 

人長舞(にんじょうまい)

 

蘭陵王(らんりょうおう)の3曲が舞われました。

 


そのあと御垣内参拝を致しました。

 

今年もお守りくださいますようお願い申し上げます。

 

 

き

続いて二見ヶ浦の各社へ参ります。

 

年々参道が良くなり、歩きやすくなっています。

 

 

昔は山があり、

 

小さな道があり、

 

そのまま浜が広がっていたのでしょうか。

 

 

今年は実に穏やかな海です。

 

 

こうして一日目の参拝を無事に終えることができました。

 

ありがとうございます。

 

明日は内宮の御垣内参拝です。

春ですね。

 

金持の花々が一斉に咲き始めました。

 

 

今年のソメイヨシノの見頃は、

 

根雨で10日、金持は12日でした。

 

 

 

翌週になると、八重桜が次々と…

 

 

金持党発祥の地の顕彰碑横の黄金桜。

 

 

さわやかです。

 

 

まだまだ若い幹。

 

何十年後にはもっと大きくなっているのでしょうね。

 

 

ハナズオウとシバザクラの競演で締めくくります。

 

ではまた次回、ありがとうございました。


▽金持神社HP▽
▽金持神社通販▽



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • お伊勢参りに行ってきました(3日目)
  • 金持神社へ初詣に出かけましょう。
    大ちゃん
  • 高額景品に参加者大喜び!!金持開運ウォーキング
  • 屋根が新しくなりました
    大ちゃん
  • 海の日の連休
    山羊
  • 再会
    kame
  • おみくじ結び所
    じゅん
  • 日本海テレビ「スパイス!!」で金持神社が紹介されます。
    管理人
  • 日本海テレビ「スパイス!!」で金持神社が紹介されます。
    ぽんちょ
  • 新緑の季節となりました
    札所スタッフ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM